現在北海道新幹線は函館エリアまでしかなく、弊社のある札幌までは届いていません。
ですが、2030年度開通を目指して札幌まで伸ばす工事が進んでいます。

新幹線が札幌まで開通すると、様々な影響が出ると思われますが、ここではビジネスへの波及効果について考えてみたいと思います。

東京への移動

ビジネスマンが東京出張する場合、ほとんどは飛行機を利用しています。
ところが、この飛行機は天候の影響を受けやすいという問題があります。
冬には大雪で空港が閉鎖される事もあるため、スケジュールに余裕を持たせる必要がありました。

一方鉄道は雪の影響を飛行機程受けません
特に北海道新幹線が札幌開業すると、函館札幌駅間の7割以上がトンネルのため、在来線よりも雪に強いと言われています。
所要時間も、現状8時間近くかかっているのが、5時間程度になると想定されています。
さらに将来的には4時間半を目指すようです。

東京への移動に選択肢が増える事は、プラスの波及効果をもたらすでしょう。

函館への移動

雪の影響を受けずらい事に加え、新幹線は高速なので道内の移動にも好影響になります。

観光地としても有名な函館までの時間は1時間程度になると見込まれています。
(国土交通省鉄道局の想定では、函館・札幌駅間は約1時間5分となっています。)
これは在来線より、およそ3倍速い事になります。

所要時間の短縮は利用者の増加につながると見込まれています。

なお、札幌から函館までの距離は道外の方にはピンと来ないかも知れませんが、車で札幌から函館まで(高速道路を使わずに)走ると6時間くらいかかります。

倶知安からの移動

倶知安周辺には外国人に人気のニセコがあります。
北海道新幹線はこの倶知安町にも駅が出来ます。
そのため、札幌からニセコのスキー場に行くと言った観光も行きやすいかもしれませんが、ビジネス的には別のところが注目されています。

それは、倶知安周辺が札幌への通勤エリアに入るという事です。
関東近辺では新幹線通勤という通勤方法があるそうで、それが北海道でも行われるようになると見込まれています。

他の地域から札幌への移動

新幹線が札幌駅まで来るという事は、何も東京と繋がるだけではありません。
新幹線は西は九州まで伸びており、全国と繋がる訳です。

実際に九州や大阪から新幹線で札幌まで来る方はあまり居ないかも知れませんが、イメージ的には新幹線で繋がっているというのは、旅行などへの心理的な壁を取り払う効果があるでしょう。

函館から在来線に乗り換えだと、急に遅くなった感がありますが、乗り換えなしで札幌まで進めれば、北海道新幹線の利用者自体大きく増加する事でしょう。

数は少ないと思いますが、飛行機がダメな方も現実的なスケジュールで札幌まで来ることが出来るようになります。

再開発による効果

これまでと違い、こちらの多くは開通前のお話です。

札幌駅に乗り入れるため、駅と周辺には大きな工事が発生します。
これは、工事がある事自体による経済効果と、工事のために休業が発生するマイナス効果の両方が発生します。

開通後は、再開発によりバスターミナルの運用が改善されると見込まれています。
駅に近接するビルも建て替えられて収容力が増すため、発展余裕も大きくなるでしょう。

休業はJRにとってはテナントからの賃料が止まるという問題ですが、入っているテナントにとっては営業が出来ないと言うもっと大きな問題です。
そのため、全てのテナントが新ビルに入るかどうかは不透明です。

課題 車で来れない

ここまで良い影響について書いてきましたが、課題もあるようです。
その一つが、「新幹線で来ると、他の観光地に行きづらい」です。

北海道は各拠点間が離れているため、「車で巡りたい」という要望があるそうです。
フェリーと違い、新幹線に車は載らないため、回れる観光地が札幌市内と函館しかない。なんて考えられているようです。

もちろん、レンタカーもあるので、全く車が使えない訳ではありませんが、マイカーが使えないのは痛いかもしれません。

札幌在住者から言わせてもらえば、「車とかやめとけ」ですけど。

移動にばかり時間がかかって運転手は観光する気にならないでしょう。
タクシーを貸し切りにして運転手に「2日で北海道一周」とか言う計画を話して呆れられるなんて事もあるようですし。

素直に、時間に余裕をもって各地へは列車かバスを使うのが良いと思います。
「拠点間が離れている」の離れ方は道外の方の想像以上なので。

とはいえ、目的地が一つならドライブを楽しむのもアリです。
強行軍をせず、十分な時間をかけての周遊も良いですね。
ただ、燃料の残量にはお気を付けください。

という訳で、新幹線で来るとマイカーが使えないのは、本来はそんなに大きな問題ではなく、印象としては大きい問題だと思われているという話です。
新幹線札幌延伸を期に、「鉄道で巡った方がいいよアピール」をするのも良いかもしれません。

まとめ

北海道新幹線が札幌駅まで開通する事によるビジネス波及効果について、考えてみました。

  • 東京札幌間の移動に選択肢が増える
  • 函館札幌間の移動時間が大きく短縮される
  • 倶知安が通勤圏に入る
  • 全国が札幌と繋がる
  • 再開発によって札幌駅周辺に大きな発展余裕が生まれる
  • マイカーが使えないのは大きな問題ではない

いかがでしょうか。
2030年度を目指している開通の日が楽しみですね。